MENU CLOSE

第5回学術集会

開催挨拶

 

D&I科学研究会第5回学術集会ご案内ポスター 世の中は、C O V I D−19の世界的な大流行の中、このような会を当番世話人として開催するのは、何かの巡り合わせというべきでありましょう。このような事態の中では、歴史というものを考えないわけにはいきません。ヨーロッパの中世を終わらせる事になった黒死病、すなわちペストの流行、第1次世界大戦がその蔓延のきっかけとなったスペイン風邪、すなわちインフルエンザの流行、そして今回は新型コロナウイルスの世界的流行。このことが人類の何を終わらせ、何が始まるのか。そして、後に歴史を振り返った時、今回の出来事は、今後の人類に何をもたらしているのでしょうか。
 このような中、「D&I科学研究会(保健医療福祉における普及と実装科学研究会)」の学術大会を開催する意義も、思わず考えてしまいます。その昔、明治維新のさなか、江戸城開城前後、彰義隊と新政府軍の戦いの中で、江戸の町民が「自分たちはどうすればいいのか」と戦々恐々としていたとき、福沢諭吉はいつものように塾を開いていたとも聞きます。我々には保健医療分野の専門家としての責務があり、ジタバタせず、いつも通り、淡々と日々の生活を送ることも必要なのではないでしょうか。
 今のところ、地球最後の日ではなさそうですので、この会議で、皆様の貴重なお時間の一部を使って、これまでと同様に、みんなでD&I科学を、地球を、そして人類を、語る機会としたいと思います。

当番世話人 明⽯ 秀親 (国⽴研究開発法⼈国⽴国際医療研究センター 国際医療協⼒局)

概要

日時

2020年11月28日(土曜日) 10:00ー15:30
*9:30-9:50 プレ・セッション  講演「基礎編:D&I研究とは何か?(仮題)」演者 島津太一

場所

ウェブ開催

定員

300名

主な対象

エビデンスの普及と実装に興味のある研究者、教育者、医療・福祉・保健・行政関係者

費用

無料

主催

D&I科学研究会(保健医療福祉における普及と実装科学研究会):RADISH

共催

国立国際医療研究センター(NCGM)
健康格差是正のための実装科学ナショナルセンターコンソーシアム(N-EQUITY)
日本がん支持療法研究グループ(J-SUPPORT)

プログラム

9:30~9:50 プレセッション 
講演「基礎編:D&I研究とは何か?」
演者 島津太一(国立がん研究センター 社会と健康研究センター行動科学研究部)

10:00~ 開催挨拶、企画セッション
「AMEDの事例からD&I研究を学ぶ」
川上憲人(東京大学医学部健康総合科学科)
金吉晴(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)
中村桂子(東京医科歯科大学国際保健医療事業開発学分野)
杉下智彦(東京女子医科大学医学部国際環境・熱帯医学)

13:15~15:15 一般演題発表

(詳細プログラムは後日掲載)

一般演題募集

募集要項はこちら

参加登録

以下参加登録フォームへ必要事項をご記入のうえ参加登録をお願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeEcX482RQPekmLet-fX9APqN_trF090vrV51B1gxXsPAaLNg/viewform?usp=sf_link(外部サイトにリンクします)

参加登録締切

2020年11月20日(定員に達し次第、締め切ります)

お問い合わせ先

国立がん研究センター 社会と健康研究センター行動科学研究部 実装科学研究室(RADISH 事務局
【 メールアドレス 】dandi[at]ncc.go.jp ([at]は@に置き換えてください)